img_0892

黒糖焼酎、呑んでみませんか?@10/6(木)トークイベント

みなさん、
黒糖焼酎を呑んだコトありますか?

「黒糖」と聞くと甘いイメージだと思うのですが
黒糖焼酎は甘くないのです。

そんでもって、
黒糖を作ってるところは沖縄にもありますが
「黒糖焼酎」を作っても良いと許可が出ているのは
なんと、奄美群島だけなんですってよ!

img_0892

今回、
離島経済新聞(ritokei)の編集長・鯨本あつこさんと
離島経済新聞(ritokei)の編集員でもあり
黒糖焼酎の語り部でもある、石原みどりさんという酒好きお二人が
『あまみの甘み あまみの香り』(鯨本あつこ&石原みどり・著/西日本出版社・刊)という
黒糖焼酎の本を出されまして
そのトークイベントに、私もゲストでちょいと出させて頂きます♪

amami-book

鯨本さんは、なんと、ネット中継でのご出演!
TVの生放送みたいで、わくわくします♪私が♪(笑)

そして、石原さんいはく、
ご来場頂いたお客さんに黒糖焼酎を少しだけどお出しする・・・かも!とのコト♪

黒糖焼酎を呑みながら、
黒糖焼酎のトークを聴きにいらしてくださいませ~♪

下記、詳細です。

***********************************************

■日時
10/6(木)
start  19:30(open 19:00)

■場所&予約先
旅の本屋のまど
東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
TEL:03-5310-2627
http://www.nomad-books.co.jp/
■参加費
1000円
(黒糖焼酎の試飲付き)

■出演
◎鯨本あつこ
離島専門メディア『離島経済新聞』タブロイド紙『季刊ritokei』編集長。大分県日田市出身。地方誌編集者、広告ディレクター、イラストレーター等を経て、2010年10 月に離島経済新聞社を設立。「日本の離島は宝島」をコンセプトに離島情報を専門に扱う Webサイト『離島経済新聞』と、タブロイド型の新聞『季刊リトケイ』を発行。
離島経済新聞社:http://ritokei.com/


◎石原みどり
北海道生まれ福島県育ち。筑波大学卒。7年間の奄美大島暮らしを経て現在は『離島経済新聞社』で島酒やエネルギー関連の記事執筆や編集に携わるかたわら、焼酎ライターとして『本格焼酎&泡盛プレス』で蔵巡り記事などを担当している。鹿児島県酒造組合奄美支部が認定する「奄美黒糖焼酎語り部」第7号。

◎松鳥むう
1977年滋賀県生まれ。島旅好きのイラストレーター。島で出会った人たちと話すコトが旅の1番の楽しみ♪今までにめぐった島は76島(+バリ島)。旅、看護、保育系の雑誌、書籍を中心に活躍中。著書に『ちょこ旅 京都』『ちょこ旅 沖縄+離島』『ちょこ旅 小笠原&伊豆諸島』『ちょこ旅 瀬戸内』(すべてアスペクト刊)『島旅ひとりっぷ』(小学館)がある。
松鳥むうHP: http://muu-m.com/
********************************************************

ちなみに・・・
私の黒糖焼酎デビューは
奄美大島の笠利で、トカラ列島は宝島のメンバーが笠利のおっちゃんと
イノシシBBQしてるところに突然お邪魔させてもらって頂いたのが初めてです~♪

ino-bbq

むふふ♪

 

 

IMG_0009

トカラ列島とか奄美とかのトークイベントするよ♪

ちょっと、けっこうギリギリなお知らせですが・・・
再び、郷映ラボさんの上映会でトークさせてもらいます~♪

今回は、今は無人島になってしまったトカラ列島は臥蛇島に住んでおられた
民俗学者で竹細工作家の稲垣尚友さんと
島好き女子3人組(うち一人は松鳥です^^;)の対談です~。

貴重なお話したくさんなので
ぜひぜひ、いらしてくださいませませ♪

※画像は、トカラ列島のモノではなく・・・
奄美の油そうめん~♪

************************************************************

■上映「竹の焼畑~悪石島のアワヤマ」
(2001年/50分/民族文化映像研究所)

■トーク
稲垣尚友さん×島好き女子対談

■ゲスト
◎稲垣尚友さん
トカラ塾主宰・民俗研究家、竹細工作家。
トカラ列島平島に移住の経験もあります。日本の古典が残る
と言われている南方の島に身をおき、高度成長期の
うねりで変わり行く日本の姿をご自身の足でをみてきた方。

また、稲垣さんは、たどると日本文化の古層にいきつく “竹”
この竹細工を生業にし、竹の民俗そのものを体現されて
います。稲垣さんしか話せない、南方の島々、竹の
民俗史についてお話し頂きます!!!

◎島好き女子
石原みどり(島新聞編集者/焼酎ライター)
中川美帆(郷土映像ラボ)
松鳥むう(イラストレーター/エッセイスト)

■日時
2016.7/31(日)13:30時~16:30(受付13:15~)

■場所
仙川サロン(京王線仙川駅から10分)
※ 詳細は参加お申し込みの方にお知らせします。

■参加費
2,000円
(映画鑑賞、ゲストトーク、お茶付き)

■ご予約
お電話かメールでお申し込みください。
お名前、席数、メルアド、当日連絡のつく番号をお知らせ願います。

■申込・お問合せ先
◎tel
080-4080-8272

◎mail
sheli2fenesi@gmail.com郷映ラボ 中川美帆)

**************************************************

DSC_3778 (1)

【お仕事】びわ湖放送『滋賀経済now』出演がYouTubeに動画upされてます~

先日、出させていただきました
びわ湖放送のご長寿番組『滋賀経済now』!

TV局公式のYouTubeにupされてますんで
滋賀県以外の方にも、いつでも見て頂けますよ~♪
https://www.youtube.com/watch?v=dQ71xumlQR4

前半はコメンテーターらしきコトをさせて頂き
(・・・「おお!」とかしか言うてませんが^^;)
後半、自分のお仕事のお話と、
日本で唯一、きのこを祀っている菌(くさびら)神社の祭りのコトを語っております~♪
良かったら、見てみてくださいませませ。

DSC_3774

じゃん!
台本で~す♪
松鳥、あんまり暗記できない・・・。
芝居やってた頃は、なんで、あんな大量なセリフが覚えられたのか
自分でも、ものすんごい謎・・・。

DSC_3787

お茶しながら打合せ~。
滋賀県は安曇川で作られてるアドベリーというフルーツのお菓子♪
うしろのカイツブリキャラは、びわ湖放送のキャラ。

DSC_3773

牧田アナと一緒に映像チェック!
おおぅ!
社会化見学のようで、わくわくわく!!

映像見ながらナレーションの尺を見る牧田アナ。
1回見ただけで、尺がつかめるって・・・すげつ!!

TV関係のお仕事は、頭の回転が速ないとできませんね~。
その昔、高校時代は声優さんに憧れましたがね・・・ははは(^^;)

DSC_3791

いざ、スタジオへ~。

DSC_3779

リハ本。
リハーサルで、よかったら、それをそのまま使う(=本番)という意味らしい。
オンエアされてない部分でも、いろいろしゃべってました~。

DSC_3775

コチラ、牧田アナのナレーション撮り。

は~、いやいや。
違うお仕事の覗き見は、楽しいです♪

DSC_3792

びわ湖放送は高台にあるので
実はびわ湖の夜景がキレイに見えるんです~♪

びわ湖放送さん、楽しいです♪
また、出させてもらえたらいいな~♪(願)

 

bbc-000

【お仕事】びわ湖放送『滋賀経済now』に本日7(土)22時~に、出ます♪

いつもお世話になっている地元TV”びわ湖放送”さんの『滋賀経済now』に、
コメンテーターで出させて頂きます~。

滋賀県以外の方も
10(火)以降、びわ湖放送のHPの『滋賀経済now YouTube』のところから
見るコトできますよ~♪

他の日の放送もおもろいです♪
よう、まあ、こんなけ、滋賀県のいろいろやってる仕事人さんたちを探してくるな~!と!

そうそう。
収録日、スタジオ行く前に、
ふらっと寄ってきた超ローカルな祭りのコトを話したら
「それも、入れよう!」と言うてくださり
某祭りについて、ちょこっと語っております~♪

この臨機応変さが、むっちゃ心地良いです~♪

そして・・・近江の祭り!
各離島に負けず劣らず、かなりディープですんばらしいです♪
灯台元くらし!
近江の祭り通いしたい・・・!

adoberi
↑滋賀県は安曇川で作られてるベリー『アドベリー』のお菓子♪
もっちり生地に、アドベリーがペースト状になって、ぎゅっと詰まっておりますです♪

 

taira001

【トークイベント】トカラ列島には、正月が3度来る!?『七島正月とヒチゲー(悪石島)』上映&トカラ列島トーク第2弾 ★斎藤潤さん×松鳥むう×郷映ラボ

先月に引き続き、
今月もトカラ列島トークしますよ~♪

taira003

メンバーは前回と同じく
南鳥島以外の日本の有人島すべてに行かれた斎藤潤さんと
民俗映像研究所さんの貴重な記録映像の上映を続けている郷映ラボさんと♪

前回は夏の盆踊り時期の悪石島の映像でしたが、
今回は、冬の悪石島の映像です。

なんと、トカラ列島では
正月が3回も来るんですよ!
新暦の正月、旧暦の正月、そして、トカラ列島にだけある「七島正月」
その映像の上映です。
(もちろん、今回も2回まわし!)

3回、ほぼ連続で来るので
今年の1月にトカラへ行った時も
「1~2月は、忙しい忙しい!」って、島の人たちがおしゃってました~。

taira002

↑これ、七島正月に飾る門松!大根と水芋(田芋)をつるします。

重要度でいくと
七島正月>旧暦正月>新暦正月
なんだそうですよ。

で、
松鳥は、1月に参加してきたばっかりの
平島のカセダウチのお話をしま~す♪

ぜひ、おいでくださいませませ~♪

と、言うわけで、下記、詳細です~。

■タイトル
郷映ラボ2016新春企画★上映会&島トーク
『奄美群島・悪石島~離島特集~』

■日時
3/26(土)
1回目 12:30~15:00
2回目 15:30~18:00
※各回入れ替え制・開場30分前

■場所
空間工場2Fスペース
東京都世田谷区代田5-8-14 (2F)

■入場料
2000円+税(お茶+ゲストトーク込み)

■上映作品
『七島正月とヒチゲー』(1998年撮影)

■出演
斎藤潤
郷映映像ラボラトリー中川美帆
松鳥むう

■主催・問合せ・申し込み先
郷土映像ラボラトリー:中川美帆
tel:080-4080-8272
mail:sheli2fenesi@gmail.com

http://www.facebook.com/kyodo.eizo.labo/
http://www.facebook.com/profile.php?id=100004455811143

 

 

boze-blog

【トークイベント】仮面神ボゼの映像上映&トカラ列島トーク★斎藤潤さん×松鳥むう×郷映ラボ★

日本最後の秘境と呼ばれるトカラ列島。
その中のひとつの島である悪石島には、盆踊り中に乱入してくる3体の仮面神がいるという。
名前は「ボゼ」

その由来ははっきりしていない。
その上、見た目がどうにもこうにも、全然日本っぽくない!

なんで貴方はココに来たのか、ボゼさんよ・・・
どう見ても、ミクロネシアとかそのへんの方ですよね??

しかし、近頃では、トカラ列島の宣伝部長的地位にあるボゼさん。
そんな最新のボゼさんを拝みに、昨夏、行って参りました~。
やっぱり、実際に見るのは全然違う!!!

 

ってなコトも含みつつトークイベントやります。

しかも、2年ぶりに斎藤潤さんと♪
南鳥島以外の日本の有人島すべて行かれた島ライターさん!
トカラ列島へも30年来通っておられるのですよ!
松鳥も、いつも、いろいろ教えてもろてますです>▽<
それからそれから
今回、さらに豪華なコトに・・・!

民族文化映像研究所さんが撮影された
1983年のボゼの映像まで上映してしまうという太っ腹!
しかも、2回まわし!

ぜひぜひ、いらしてくださいませませ~。

■タイトル
郷映ラボ2016新春企画★上映会&島トーク
『奄美群島・悪石島~離島特集~』

■日時
2/20(土)
1回目 12:30~15:00
2回目 15:30~18:00
※各回入れ替え制・開場30分前

■場所
ギャラリー編ム庫
東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3 アムコビル2階
tel. 050-3344-1399

■入場料
2000円+税(お茶+ゲストトーク込み)

■上映作品
『ボゼの出る盆行事』(1983年撮影)

 

■出演
斎藤潤
郷映映像ラボラトリー中川美帆
松鳥むう

■主催・問合せ・申し込み先
郷土映像ラボラトリー:中川美帆
tel:080-4080-8272
mail:sheli2fenesi@gmail.com

http://www.facebook.com/kyodo.eizo.labo/
http://www.facebook.com/profile.php?id=100004455811143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tabibito-B-003

今頃ですが・・・10月の旅人バザール、ありがとうでした♪

今頃ですが・・・
10月末の旅人バザール@ゲストハウス亀時間(鎌倉)
ご来場くだすったみなさま、ありがとうございました~♪

やっぱり、松鳥は、人としゃべる時間が好きやな~と
つくづく、感じた1日でした。
アートフリマに出店してた頃が恋しい・・・!

tabibito-B-000

松鳥は、自分の本と、
五島列島は福江島半泊のさつまいもの甘酒『カンコロリン』を販売してましたよ~♪
ご購入頂いたみなさま、感謝です!

カンコロリン』は、
甘酒といいながらも、ノンアルコールなので、ちびっこもいけちゃいます♪
さつまいも、米、米麹だけで、すんごい甘くなってますんです~♪

出店者メンバーは、バザール終了後、打上~♪

tabibito-B-004jpg

亀時間さんで
Bar YORUKAMEを担当されている香菜軒さんのごはん♪
むちゃうまです~♪

tabibito-B-002

↑大豆ミートのこれが、松鳥、一番好きで何杯おかわりしたコトか・・・(^^;)

そうそう。
出店者の中で九州からはるばる来られていた石橋さん から
宮古島まもる君の彼女(妹だっけか?)宮古島まるこちゃんのお菓子と、そのケースを頂きました♪

tabibito-B-001

うう~!
いいね、いいね~♪
まるこちゃんの実物に、まだお会いしたコトないので、
いつか、お会いするのが楽しみです♪

 

 

 

 

bazar-700x525

『旅人バザール』@ゲストハウス亀時間(鎌倉・材木座)に出店します

いつもお世話になってる
鎌倉は材木座にあるゲストハウス亀時間さんでのイベント
旅人バザール』に出店させていただきます~♪

松鳥は、
拙著(ご希望あればサイン付き)と、古着とか販売予定。

エスニックファッション シーズンブック』(ダイヤモンド・ビッグ社)を
一緒に作った「eTHno lovers」のメンバーでもあるRe:asianさんも出店しますよん♪

秋の鎌倉おさんぽがてら、お立ち寄りくださいませ~。

■日時
10/25(日) 12:30~16:30 ※屋内なので雨天決行
(cafe kamejikanも同じ時間帯に営業←美味いですよ!)

■場所
ゲストハウス亀時間
住所:神奈川県鎌倉市材木座3-17-21
TEL:0467-25-1166

■入場料
無料

■出店者
石橋美砂(アートディレクター、デザイナー。パリ在歴17年)
・タイ古式マッサージクルーン
EDIT BY BODY(ZINE『LOCKET』)
クルアノック(食べて旅する東南アジアごはん)
鮫島亜希子(写真家)
旅音(旅行作家)
Layla(ライラ)
ムビラジャカナカ(アフリカジンバブエの親指ピアノ「ムビラ」とアフリカ雑貨)
Re:asian(エスニック専門リユースショップ)
松鳥むう(島旅イラストエッセイスト)

sainantan

6/19(金)「くうと坐の旅市場_沖縄編」に出店します♪

アイヌの『熊送り』という儀式のドキュメント映画を見に行った時に
知り合ったKさんがされる沖縄のイベント『くうと坐の旅市場_沖縄編』で出店します~。
島関係の拙著販売します~。
買いに来て~。しゃべりに来て~(笑)!

どうやら、夜は沖縄食材を使ったごはん会がある模様。
(注:沖縄料理ではなく、沖縄食材を使った料理ですとのコト)
松鳥、そちらも、お邪魔するので、
沖縄食材ごはんが気になる方も、良かったら、ぜひ~♪

ちなみに、会場の『ギャラリー編ム庫』さんは
『輪土(rin do)』という旅冊子も作られていますよ~。
けっこう、マイナーな地域を取り上げらていて、おお~!と、声が出てしまいますです。
だって、第1号の特集が「伊賀」ですよ!
マイナーだわよ!(笑

さて、下記、イベント詳細です~♪
ご来場、お待ちしてます~♪

■イベント名
KWT主催「くうと坐の旅市場_沖縄編」
■日時
2015年6月19日(金) 12:00-19:00

■場所
ギャラリー編ム庫

東京都中央区日本橋馬喰町2-3-3 アムコビル2階
tel. 050-3344-1399
e-mail. gallery@amco-cj.jp

■内容

音楽好きで出不精の主催者が知りたい場所をセレクト。
今回のテーマは沖縄。目と耳と舌で沖縄を感じてください。

 

●12:00~19:00[入場無料]

イラスト作品の展示&販売/旅本、古書等の販売

【海津研さんの沖縄を表現した絵画、ペーパークラフト】

【よたか堂さんの一箱古本市】【松鳥むうさんの旅本】

 

●17:00~19:00

沖縄素材を使ったアレンジ料理の食事会【遠藤ミホさん】

料金:1500円[10名予約優先]

※ドリンクは別料金(ビール、泡盛ほか)

※右に掲載の料理写真はイメージです。

 

ご予約は、KWT(担当:川上)まで → kwt0701@gmail.com

===

海津研

1977年新潟県生まれ、千葉県在住。東京芸術大学デザイン科卒業。身近な生き物などをテーマに絵、オブジェ、アニメーション作品を制作する。主な活動として、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」アートバトル・グランドチャンピオン。映画「もんしぇん」共同脚本・美術。宮沢賢治「よだかの星」を原作とするアニメーション『よたか』の製作
沖縄のひめゆり平和祈念資料館制作の映像作品「アニメひめゆり」の原画を担当。ほか各地で個展、グループ展を行う。

※同日から28日まで押上AMULETで個展開催中。17時以降在廊

遠藤ミホ(料理家/食と文化を楽しむ人)

食べるもの、食にまつわることが大好き。学生時代より世界約30の国や地域を旅し、市場や食堂、家庭の台所で料理のみでなく食の文化・背景を学ぶ 。まっとうにつくった素材の大切さ、じんわりやさしい味わい、食べるときの幸せな気持ちを多くの方に楽しんでいただくべく東京を拠点に活動中。食材講座、料理教室、出張料理、飲食店様へのメニュー提案、食のコラム執筆等。シンプルで身体の中から元気になるレシピが好評。すっぽんや鳥を捌いたりもしちゃいます。

◆CPA認定 チーズ・プロフェッショナル◆日本ソムリエ協会認定 ワイン・エキスパート◆全日本薬膳食医情報協会認定 薬膳アドバイザー

◎松鳥むう

1977年滋賀県生まれ。島旅好きイラストエッセイスト。今までに訪れた島は、国内70島(2013年11月現在)+海外はバリ島のみ。著書に『ちょこ旅沖縄+離島』『ちょこ旅小笠原&伊豆諸島』『ちょこ旅瀬戸内』(すべて、アスペクト)『島旅ひとりっぷ』(小学館)などがある。その島の人の日常のくらしに、ちょこっとお邪魔させてもらえる旅が好き♪バスと徒歩で巡ったレポは実感あふれる沖縄が満載。

 

bb[1]

旅とエスニックファッションとカメラと~見る人をHappyにする笑顔の撮り方~@B&B

『撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち』(ダイヤモンド・ビッグ社)
『エスニックファッション シーズンブック』(ダイヤモンド・ビッグ社)刊行記念

【日時】
2月22日(日)
19:00~21:00 (18:30開場)
【場所】
本屋B&B 
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
【出演】

山本高樹(著述家・編集者・写真家)
著述家・編集者・写真家。
インド北部の山岳地帯、ラダックの取材がライフワーク。
主な著書に『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々』(スペースシャワーネットワーク )
『ラダック ザンスカール トラベルガイド インドの中の小さなチベット』(ダイヤモンド・ビッグ社)など。
『撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち』(ダイヤモンド・ビッグ社)では、
企画と編集、各写真家へのインタビューの他、インド北部のスピティの写真紀行を担当。
林澄里(旅音)
旅関連の様々な仕事を手がける夫婦ユニット「旅音」の写真担当。
著書に『中南米スイッチ』(新紀元社)『インドホリック』(スペースシャワーネットワーク)。
『撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち』(ダイヤモンド・ビッグ社)では
当時3歳の息子と家族3人で訪れたインドネシアの旅について寄稿。
佐藤雪乃(eTHno lovers/Re:asian)
エスニックリユースショップ「Re:asian」店長。
編著書『エスニックファッション シーズンブック』(ダイヤモンド・ビッグ社)では、カメラマンも担当。
アジア圏の少数民族の衣装を日々のファッションに取り入れる天才。


盛山麻奈美(eTHno lovers/Re:asian
ろう者のカメラマン。「Re:asian」スタッフ。
編著書『エスニックファッション シーズンブック』(ダイヤモンド・ビッグ社)では、
ほとんどのストスナ撮影を担当。
アフリカの泥染めに心奪われ中。次の旅先候補はアフリカ!?
※当日、手話通訳あり!
【入場料】
1500yen + 1 drink order
[前売/席確保(1500+500yen 1drink)]

【ご予約】
(※要予約)
http://bookandbeer.com/blog/event/20150222_bt/

※松鳥はイベント企画スタッフの1人なので、当日、会場でチョロチョロしとります~。
お声かけてくださいまし~♪

★終了しました。ほぼ満員御礼!多謝多謝です!★